でっかくなって男の自信を手に入れろ!

増大王

オナニー

3分で完成!片栗粉ローションの作り方「ヌルヌル気持ちいい自分好みのトロみ調整」

更新日:

片栗粉ローションの作り方

片栗粉 ローション

ローションは簡単に自作できます。

どうしてもお店で買うのは気が引ける。

とりあえずローションを試してみたい。

そんな人に手作りローションはおすすめです。記事のタイトルに『3分で完成!』と書きましたが、本当に3分でできちゃうので、今すぐ試したい人にもおすすめです。

とにかく作り方を見てみましょう!

片栗粉ローションの作り方

作り方は「沸騰させた水の中に片栗粉を入れて溶かすだけです」本当に簡単。3分でできちゃいます。

step
1
水 100mlを沸騰させて小鍋などの容器に移す

水100mlを沸騰させる

お湯を沸かす

水を沸騰させる時は「火にかける」よりティファールなどの電子湯沸かし器を使ったほうが後で粗熱を取りやすいのでおすすめです。

step
2
片栗粉 小さじ1杯を沸騰させたお湯に入れる

沸騰したお湯に片栗粉を投入

かき混ぜながら片栗粉を入れる

お湯を料理用のボウルやお椀などに移した後小さじ1杯の片栗粉を入れていきます。片栗粉と水(お湯)の分量を変えてあげれば自分好みのトロみが調整できます。

step
3
しっかりかき混ぜる

片栗粉を入れてしっかりかき混ぜる

塊ができないようにかき混ぜる

片栗粉はけっこう「玉」ができやすいです。スプーンで混ぜるよりホイッパー(ケーキ作る時に卵とか混ぜるやつ)などを使って玉ができないようにしっかり混ぜましょう。片栗粉を入れる前にお湯をぐるぐる回しておくと塊ができにくいです。

step
4
粗熱を取り、別の容器に移す

ペットボトルなどの別の容器に移すして完成

別の容器に移して完成!

人肌程度に粗熱が取れれば完成です。空いたペットボトルや100均などで売られている少量ポンプに移しましょう。保存する場合は冷蔵庫に入れておきます。

片栗粉ローションの材料

使う材料は片栗粉だけ用意すれば、残りは一般的な家庭であればほぼ置いてあるようなものばかりです。

ポイント

  • 水:100ml
  • 片栗粉:小さじ1杯
  • 電子湯沸かし器
  • 小さめの鍋
  • 保存する容器(空ペットボトルなど)

片栗粉の量は「水100mlに対して小さじ1杯」を目安に入れる感じです。この辺りは片栗粉を入れた後にトロミを確認して好みの量を調整します。ドロドロネバッリこくしたい人は小さじ2杯でOK。

ローションを作る時の注意点「初めて作る時はお試し感覚で」

初めて作る時は要領が分からないと思うのでとりあえずお試し感覚で少量を作ってみましょう。慣れてこれば1週間分を目処に作っていくといいでしょう。

初めて使う方は少量だけ作る

最初は100mlで十分だと思います。男のオナニー1回で使い切れる分量くらい(それでもちょっと多いかも)です。もしかしたら肌に合わないことだってあるかもしれないのでやっぱり少量からスタートしましょう。

水は水道水でもOK

なんとなく、ミネラルウォーターとか硬水が良さそうと思ってしまいますが、水道水で十分です。水道水の塩素やカルキが心配と思われるかもしれませんが、お風呂やシャワーも水道水を使ってると思えば問題なさそうですよね。

どうしても心配という人は、鍋に水を入れて10分程度蓋をしないで沸騰させてからローションを作ってみましょう。塩素などの不純物を蒸発させられます。

アレルギーがなくてもパッチテストを行う

片栗粉でアレルギー反応が起きてしまう可能性はゼロではありません。出来上がった片栗粉ローションを1滴だけ腕に垂らしてみて15分程度放置し、その周りが赤くなったり痒くなったりしないかパッチテストをしましょう。

万が一赤くなったり、腫れてしまったりなどアレルギー反応が起こった場合は使用を中止し、腕に着けたローションをぬるま湯でしっかり洗い流してください。気になるようでしたら念の為近くの医師に相談してみましょう。

使用期限は約1週間

水を使った料理は腐りやすいと言われます。

使用期限は作成後1週間かそれより短い期間で使い切るようにしましょう。

片栗粉ローションを使ってみた感想

本当に自作ローションができたことに感動です。片栗粉ローションで実際にオナニーしてみたけど普通のローションと多分そんなに変わらないです。気持ちいいいです。

ただ、少し乾きやすいのと終わった後の洗いが少し大変かなと思いました。

まず、使ってる最中に結構乾くからすぐにギシギシしてきて追加します。(1回ヌクのに3回くらい追加したかな)

あと終わった後がカピカピしてるので普通のローションより少し洗いが大変です。洗い残しがあるとすごい違和感なので石鹸使ってしっかり洗い流したほうがいいです。

総評としては「わざわざ作らなくてもアマゾンとかで買っちゃったほうが楽かな」って感じです。

1000円程度で売ってるし、鍋やスプーンを汚す必要もないのでネットで買ったほうが楽ですね。ただ、同居の家族の目が気になるという人や節約派の人は自作の方が安心できるかもしれませんね。

使う時の注意点

さて、次は実際に使う時の注意点です。

  1. 使用中、ヒリヒリしたり痒みがある場合は使用を中止する
  2. 使用後はしっかり洗い流す
  3. ちんこの先から尿道などに入り込まないようにする

このあたりを注意して使えばこれといって危険なことはないです。(食品なのでそう心配はいらないですね)

片栗粉ローションを日持ちさせるには「冷蔵庫で保管するのがベスト」

1度で使い切れなかったローションは冷蔵庫に保管しましょう。やっぱり水物は腐りやすいため、常温の状態で放置しておくとすぐに腐ってしまいます。

使用する目安は「コップに入れた飲み水を放置して再度飲めるか飲めないか」で判断できると思います。コップに水を入れて放置後、常温で3日も置いておいたら飲みたくないですよね。

その感覚でローションを使うか捨てるかを判断するといいですよ。

冷蔵庫内なら4日〜1週間まで、常温なら2日でアウト。冷蔵庫なら多少は保存がきくのでベストかなと思います。

片栗粉以外でローションの代用になるものは?

片栗粉以外でもローションの代用になるようなものは結構あります。オーソドックスなのが石鹸とかボディーソープですね。風呂場でオナニーしたことがある人なら知ってるはずです。

では、その他にどんなものがあるか見てみます。

  • ベビーオイル
  • サラダ油
  • オリーブオイル
  • 我慢汁
  • シェービングクリーム(ジェル)
  • ハンドクリーム
  • 乳液

片栗粉みたいに加工したりしないでそのままの状態で使えるものばかりです。匂いや汚れ落としが大変なものもあるので、しっかり考えてから使うようにしましょう。

片栗粉ローション「オナニー以外での使い方」

せっかく作った自家製ローションをオナニーだけのために使い切るのはもったいないですね。

オナニー以外でどんなことに使えそうか挙げてみます。もしよかったら参考にしてみてください。

オナニー以外での使い方

  • セックスで使う
  • お風呂に入れて楽しむ
  • マッサージする時に使う
  • 肌の荒れた部分に保湿として使う

 

片栗粉ローションを作る時に疑問を持ったこと

片栗粉ローションに混ぜるおすすめの材料

はちみつ

はちみつを入れるとトロみが増し粘りが出ます。しつこいくらいの粘りが好きな人にはおすすめです。はちみつに含まれるミネラルやビタミンが含まれているため皮膚の健康にも良いです。保湿効果もあるので乾燥する時期はほんの数滴垂らすだけでも使用後の皮膚を守ってくれます。

レモン

レモンには豊富なビタミンCがあります。皮膚の表面がザラザラしてたり、シワが多いようならレモン汁を入れることで整えてくれます。咥えてもらう時のことを考えれば、シワクシャなちんこよりビシッとしてる方が勇ましいですよね。

アロマオイル

ゆったりした気持ちで長めに楽しみたい人はアロマがおすすめ。一回イクのに30分くらい掛かる人は緊張しすぎだという面もあると思います。そういった時に役立つのがアロマです。冷ました後の片栗粉ローションに一滴だけ垂らせば癒しの空間ができあがります。

保存容器の代用にペットボトルは使えるの?

身近な物といえばペットボトルがおすすめです。ペットボトルの中を水でしっかりすすいでから乾かします。料理用の漏斗などを使ってペットボトルに移します。それ以外なら100均で売ってる少量ポンプも使いやすいのでおすすめです。

-オナニー
-, ,

Copyright© 増大王 , 2019 All Rights Reserved.