これが男の意地だ!

ちんでか戦記

正しい男オナニーのやり方と医師が警笛を鳴らす絶対やってはいけないオナニー

ちんこいじり

正しい男オナニーのやり方と泌尿器科医が警笛を鳴らす「射精障害のリスクがあるオナニー」

更新日:

正しい男オナニーのやり方

先日、「ちんこの増大とオナニー」の関連性について調べていました。

時々議論される「増大にはオナニーを続けた方がいいのか、オナ禁したほうがいいのか」についてです。

その結論については、長くなるので(ちんこをでかくする方法!極細(短小)から極太ペニスに成長させるまでの全手順)の記事で詳しく紹介するとして、調べてるなかで気になるニュースを見つけました。

TENGA:泌尿器科医 小堀 善友

「腟内射精障害の原因の7割は不適切なマスターベーション」

不妊治療の現場では、腟の中で射精できない、と訴える射精障害の患者さんが増えていますが、その原因の7割は「床オナ」などの不適切なマスターベーションであることが報告されています。
また、日本の腟内射精障害の患者数は、潜在患者も含め約270万人(成人男性の約20人に1人)と推定されています。

小堀医師が警笛を鳴らすのは、

「間違ったオナニー(床オナ)をしていると射精障害になる可能性があるよ」ってことです。

じゃあ、正しいオナニーのやり方ってなんなの?間違ったオナニーって何が悪いの?とこからこの記事を書いてみました。

正しいオナニーのやり方

正しいオナニーは本番に近いやり方

まずは、正しいオナニーとはどんなものか?オナニーはいろんなやり方がありますね。

オナニー

  • TENGAを使う
  • ピストン(いちばんオーソドックス)
  • ローション
  • 風俗でヌク

人それぞれ感じるポイントも違えば、射精までにかかる時間も違います。基本的にはあなたが気持ちよければそれでいいです。

ただし、生涯現役でいるためだったり、将来的な子作りのことを考えればなるべく性機能に負担を掛けずに楽しめる方法(本番に近いやり方)をものにしたほうがいいです。

リラックした状態でオナニーをする

リラックスした状態というのは、オナニーをするときの体勢のことです。立ったままやったり、体に力を入れた状態(足をピンピンに伸ばした状態)でのオナニーはよくありません。

全身の力をできる限り抜き、フィニッシュの一瞬だけグッグッっと射精に力を入れましょう。

体に力を入れた状態でオナニーをしていると、セックスの時も同じ姿勢にでないと射精できなくなってしまう可能性があります。こちらに関しても小堀医師が解説をしています。

 

いわゆる、『特殊な姿勢でないと射精できない』という状態が続くと、セックスをするときに射精しづらくなるということがあります。足ピンオナニーはどのくらいの人が行っているかはわかりませんが、私はそれが原因で射精しづらいという人を何人も見たことがあります

引用元:浜松第一クリニック

 

オナニーの所用時間は「10~20分」がベスト?!

オナニーの平均時間

人によって早い遅いはあるものの、極端に短い(1分〜3分)オナニーを続けていると早漏や膣内射精障害になるリスクを持っています。

ライブドアニュースが実施した「オナニーにかける平均時間」というアンケート結果を引用すると、

Q1回にかける平均時間は?」
・「5分」41人
・「10分」93人
・「20分」53人
・「30分」70人
・「40分」12人
・「60分」26人
・「61分以上」5人

全体の60%以上の人が10分〜30分で1回のオナニーを終えると回答しています。

早漏、遅漏、疲労を考慮するなら10分〜20分がベストではないかと思います。それ以上短いと早漏になってしまうリスクがあるし、またそれ以上長い場合は、遅漏のリスクがある他、オナニー1回あたりに消費するエネルギーが大きくその後の仕事などに影響することもあります。

オナニーの頻度は2〜3日に1回体力があれば毎日でもOK!

第一にオナ禁は精子の運動率を下げてしまう恐れがあるのでNGです。ちんこの増大目的でオナ禁する人もいるようですが、特別な病気(射精障害など)でない限りはどんどん射精した方がいいです。

精子というのは玉から出て精管を通ってくる時点で酸化ストレスをうけているため、射精しないと運動率が下がってしまうおそれがあるんです。だから私はどんどん射精しろと言っています。最低でも週一、むしろ多いに越したことはないです」

引用元:浜松第一クリニック 小堀医師

日本人の平均オナニー回数

TENGAが行った「オナニー国勢調査」のアンケート結果(2017年 9月 15歳から64歳までの男性2000人を対象)によると、「1週間当たりの平均オナニー回数うは3.77回でした」

このように、1日おき間隔でオナニーしているのが現状です。(大体みなさんこんなものじゃないでしょうか)

ただ、さきほどもあったように精子は使わないと運動率が下がってしまいます。体力が持つようであれば毎日でも射精してください。そうすれば常に新しい精子が作り出されて性機能が活発に活動するため、将来的にEDや前立腺肥大などのリスクを遠ざけることができます。

ペニスを絞る力は弱めに

この後でも詳しく紹介しますが「ちんこを強く握り締めてのオナニーは厳禁です」

これには2つ理由があります。

1つ目。ちんこに強い圧力を加え続けると「ちんこの細胞が壊れてしまう」からです。

ちんこの内部は柔らかいスポンジような細胞(海綿体)で構成されています。その細胞に強い圧迫刺激を与え続けると細胞に亀裂が入ったり、最悪の場合「陰茎折症(いんけいせっしょう )」になる可能性もあります。

陰茎折症

勃起したちんこがボキッと折れてしまう病気。セックス中に発生することが多く特に騎乗位などの最中に起こりやすいと言われている。陰茎折症は激しい痛みと内出血を伴い処置が遅れると勃起不全になってしまう可能性もある。

ちんこを強く握りすぎてはいけない理由の2つ目は、女性の膣内でイケなくなる「膣内射精障害」になってしまうリスクがあるからです。

強く握りしめることにより女性の膣内とは全く違った刺激を受けるようになります。その快感に慣れてしまうと女性の膣では快楽を得られにくくなります。

また、この後でも紹介しますが、この他にも「絶対やってはいけないオナニー」もあります。そちらも参考にしていただき、正しいオナニーで健康的な性生活を送ってください。

絶対やってはいけないオナニーのやり方

動画 絶対にやってはいけないオナニー

「絶対やってはいけない」と言うのは、それを続けるとEDや膣内射精障害、精子数の減少などのリスクが伴う可能性があることを意味します。

将来子供が作れなくなったり、パートナーを満足させられない体になる恐れがあるということです。心当たりのある方は早急に正したほうがいいですよ。

小堀医師 間違ったマスターベーション

ハードな刺激の動画を観てオナニーする

スカトロ、痴漢、SM、露出、獣姦、エロアニメ。

非現実的なシチュエーションはリアルの概念を破壊します。バーチャル的な世界をイメージしてオナニーを続けていると、現実のシチュエーションでは満足できなくなってしまいます。

特にスカトロ、SMなどは、女性側としては好まれないプレイです。もちろんあなたのフェチに合ったパートナーも見つかりにくいです。そのため、どんどんバーチャルにのめり込んでしまうという悪循環に陥ってしまいます。

非現実的オナニーは今すぐにでも止めたほうがいいです。

床オナ「ペニスを硬いものに擦り付ける」

床や布団に生のちんこを擦り付けるオナニー。

オナニーを覚えたての思春期の学生に多いやり方です。(その延長で成人しても床オナを続けてる人もいます)

床オナは、ちんこを出してうつ伏せになり、床に擦り付けるだけの「楽なオナニー手法」です。しかも、慣れるとかなり気持ちい。床オナ以外は気持ちよくないと感じる人も多いと聞きます。

しかし、床オナは硬いものにちんこを当てるため「ちんこに強い圧迫刺激を加える」ことになります。

強い圧迫刺激は、ちんこ細胞に傷をつけてしまい勃起機能を低下させてしまうため継続的に行うとED(勃起障害)になる可能性があります。

また、強い刺激を加えないと快楽が得られなくなってしまい、女性の膣では感じなくなってしまい膣内ではイケない膣内射精障害の恐れもあります。

短時間でのオナニー「数分足らずでイク」

オナニーを超短時間(1分や2分)で事務的に行うことはNGです。なぜダメなのか?上記でも軽く説明しましたが、早漏や膣内射精障害のリスクがあるからです。

ただただ、射精のためだけに快楽も得ずにトイレで軽く擦ってイク。

短時間オナニーは学生や同居する家族がいる人に多い傾向があると言われています。集中してオナニー没頭できる空間がないため、トイレでヒソヒソと抜かなければいけない状況なようです。

このような状況では自宅でゆっくり集中してオナニーができないと思うので、そういった人は近くの「試写室」などを利用するといいでしょう。

試写室なら初回の会員登録を済ませておけば「1回当たり500円程度」で店頭に置いてあるAVを選んで、個室でゆっくり鑑賞できます。(もちろんオナニー用にティッシュや濡れティッシュが完備されてます)

オナ禁ってどうなの?オナ禁のメリットとデメリット

当サイトは「オナ禁反対派」です。精子の活動量が減ったり、性機能が正常に働かないリスクが潜んでいるからです。

ただし、見方を変えればメリットになることもあるかもしれません。「オナ禁は絶対にダメ!」というよりは、状況に応じて(オナ禁を)するかしないか決めるといいでしょう。

オナ禁のデメリット

  • 精子の活動量が減る
  • 性機能低下の恐れがある
  • ニキビが増えやすくなる
  • ストレスイライラ
  • 欲求不満
  • 体臭が強くなる

オナ禁のメリット

  • 疲れにくくなる(オナニーによる体力消耗がない)
  • 目覚めがよくなる
  • 精神的が安定しやすい
男のオナニーはやりすぎると危険らしい
男のオナニーは毎日やりすぎると危険!過剰オナニーの恐ろしい2つのデメリット

オナニーをやりすぎるとちんこの病気になるらしい・・。 こんな噂を聞いたことないですか? 適度なオナニーは、ストレスを溜めにくく、健康にも良いと言われていますが、1日に何回もオナニーを行ったり、間違った ...

続きを見る

-ちんこいじり
-,

Copyright© ちんでか戦記 , 2019 All Rights Reserved.