1. 自力でペニスを大きくする方法
  2. ペニスの悩み
  3. ≫【男性器の長さと太さの話】粗チンのサイズ感とたくましいペニスの育て方

【男性器の長さと太さの話】粗チンのサイズ感とたくましいペニスの育て方

トイレに行ったり銭湯へ行ったりすると、他人のペニスサイズが大きく見えるものです。なぜなら、真上から見た場合と真横から見た場合で、同じサイズのものであっても大きさが異なって感じられるからです。このため、実際には粗チンでは無く標準サイズの人も少なくありません。では、粗チンと考えられるのは、一体どのくらいの長さと太さであって、対策はどのように行えば良いのでしょうか。

正真正銘の粗チンサイズはコンドームサイズで分かる

日本人の平均ペニスサイズは、公式な統計を国で取得しているわけでは無いために、最も参考になるのはコンドームメーカーが調査した数値です。TENGAによる調査が公式サイトに掲載されており、次のように公表しています。

・ペニスの長さ:13.56cm
・亀頭部分の直径:3.53cm
・サオ部分の直径:3.19cm
「引用元:https://www.tenga.co.jp/special/fitting2012/

同じ計測方法をしなければ、特にペニスの長さについて誤差が出やすいので、コンドームメーカーによる調査は信頼度が高いと考えられます。生殖活動に必要なペニスサイズについては、長さ8cm程度あれば十分とされているので、医療機関を受診して治療が必要となる粗チンサイズは勃起時8cm未満となるわけです。しかし、日本人男性が粗チンだと感じるサイズは、そこまで小さくなくても起きているので、目安としてコンドームサイズを参考にすると良いです。コンドームサイズは、特にサイズ指定をしない限りMサイズが基準となっているので、直径が33mm~36mmの範囲でコンドームメーカーが製造していることが分かります。伸縮幅の問題があるのでラテックス素材ならば多少サイズが小さくても問題ありませんが、Mサイズのコンドームを使用していて中折れしていないにも関わらず挿入中にコンドームが外れてしまった経験があるならば、Sサイズのコンドームを試してみると良いです。Sサイズのコンドームが調度良いと感じられたならば、やや粗チンだと考えられます。ほとんどのメーカーのコンドームで同じ抜けてしまう現象が起きるなら、完全に粗チンと考えられます。コンドームについては、太さのみを基準としているので長さについては、日本人男性平均よりも2cm以上小さければやや粗チン、3cm以上小さければ粗チンと考えて良いです。

ペニスサイズは海綿体に流れ込む血流量で決まる

友人の中に結婚後にペニスサイズが大きくなった人がいるならば、夫婦間でのセックス時間が長くなってフル勃起する回数が多くなったことがペニスサイズを大きくした原因と考えられます。日本人のペニスサイズが欧米やアフリカ系の人と比較して小さいことは、人種の違いによる影響が大きいものの成長ホルモン分泌が減少する時期が早いことが原因です。成長が早く止まるからこそ、ペニスサイズも途中で変化が無くなるために粗チンとなりやすいのであって、再度成長ホルモン分泌が加速されれば新婚さんにペニスサイズアップが多い理由とも合致します。また、ペニスサイズを決めるポイントは海綿体の体積にありますが、海綿体自体が血管の集合体であって血管はよく伸びるという性質を持っている点を忘れてはなりません。血管細胞は細胞分裂速度が特に遅く、成長ホルモンによる指令が来ない限りは中々成長してくれないという困った性質を持っています。しかし、毎日フル勃起状態が長時間続いていて血流量が多く流れていれば、血管拡張作用により血管自体に負荷が掛かるので、細胞分裂により入れ替わる際には更に拡張出来るように余裕を持って血管自体が作られるわけです。結果的に以前よりも海綿体の体積総量が増えて、皮膚細胞も余裕を持つことが出来るようになり、結果的にペニスサイズアップに成功します。ペニス増大を目指す際には、細胞レベルの話となるので即効性があるわけでは無い点に注意が必要です。日常的にペニスに流れ込む血流量を増やして血管に負荷を掛け続けることが出来れば、ペニスサイズアップを促すことが出来るわけです。

体質改善を行うとたくましいペニスが得られる

日本国内ではまだ認知度が低いペニス増大サプリによる粗チン解消方法は、海外ではごく一般的に普及しているものです。体質改善を行うことで、血液循環が良くなった結果としてペニスサイズアップに繋がるものであって、人種ごとに異なる食生活や生活習慣による影響が大きいことを忘れてはなりません。医療機関で行うメスを使った手術による長径術は、埋没しているペニスを2cm程度引き出すだけのものであって、海綿体の体積を増やすといった取り組みは行われないわけです。医療行為として行うためには、薬として具体的に何日間服用すれば何mmサイズアップするといった効果が数値として認められなければなりません。しかし、ペニスのサイズアップを目指すためには、個人差や体質により血液循環が阻害されている部分を改善する必要があるので、個人差が大きいわけです。一般的にはL-シトルリンによる血管拡張作用とL-アルギニンによる成長ホルモン分泌促進作用により、ペニス内の海綿体体積アップを目指すものですが、精力アップ効果はありません。セックスレス夫婦が多いとされる日本人男性にとって、毎日セックス出来る環境が整っていない以上は精力剤の併用により半勃起以上のペニスを常に維持する時間を長くすることから始めると良いでしょう。ペニス増大サプリメントが3ヶ月から6ヶ月以上の継続飲用が必要となる理由として、急激なサイズアップは血管細胞と皮膚細胞の成長が追いつかないために危険なことと、体質改善により本来ならばフルにペニスが成長したであろう範囲までのサイズアップが見込めるわけです。欧米人やアフリカ系の人のように、ペニスサイズの成長期間を再び伸ばすことでペニスサイズアップが目指せます。最終的なサイズがどこまでになるのかは、個人差があることとあまりサイズアップしすぎても日本人男性特有の勃起時の硬さが失われてしまう点に注意が必要です。心臓機能が一気に上昇するわけでは無いために、ペニスサイズアップは徐々に体質改善を行いながら腰を据えて行う程度が望ましいと考えられます。